久々におじ・おばと会う

今日、久しぶりに、例のおじおば夫婦からお呼びがかかった。
「一気に十勝へ行ってみませんか」という
大胆な一文のメールが届く。
十勝へ行ってしまえば、帰りは今週末、一緒に連れて帰ってもらうか、
そうでなければ自力脱出。
自力脱出とは、
バスで新得の駅まで行って、
JRで帰ってくるというコース。
行きは良いが帰りは怖い。
突然言われても、普通の人ならそう簡単にほいきた、というわけにはいかない。
けれどもそんなことなんか全然おかまいなしに誘ってくれるところが
私は大好きだ。

『じゃあさ、お昼一緒に食べようよ。近場でさ』
と言ってくれたので、
こちらは二つ返事でオーケーした。
断る理由なんかありませぬ。

で、やわらかいトンカツの肉にかぶりついていると、
おじがこう切り出してきた。
『あのさ、コンピューターのことなんだけどさ』
きましたよぉっ!
『あら、どうかなさいましたか?』
『うん、この前DVDいれたらさ、なんだか9をどうこうしてくださいってメーセージが出て、再生できないだよね』
『DVDって』
『なんかの雑誌の付録についてたやつなんだけどさ』
『あーあ、パソコン雑誌ですか?』
『いや、ちがうんだ』
ふっといやな予感がした。
とにかくおじの家へ行ってみて見ることにした。
〈続く〉
[PR]

by peteandfluffy | 2005-04-18 16:50 | 雑記  

<< おじのパソコン 再びビール >>