正月飾りとピーちゃん

師走が猫も杓子も忙しいのは毎年のことですが、
(ちなみにこの表現は絶対間違っていると思う。 私は猫が忙しがっているところなんか見たことはない)
この私ですらよく考えるといろいろとやることがあった。
とりあえず掃除については、冷蔵庫の後ろ側までやったんだから、
後は来年の暮れに委ねることにした。
正月の料理の買い出し。
正月飾り。家の外にかけるあれは買ってくればいいだけだけど、
室内に飾る、あれ。
木の枝に繭玉とか、大福帳やら宝船やら千両箱やらを吊るすのは
ちょっと手間がかかる。
繭玉を合わせてくっつけるのは面白いけど、ちょっと要領がいるな。
それが終わったら、天井に吊るす。
そして飾り物をひとつひとつ吊るしていくんだけど、
これがピーちゃんの気を引いた。
丁度本棚の近くに吊るしたものだから、
たまたま本棚の上に居合わせたピー字がむくりと起き上がり、
ぢっと吊るしたものを見ている。
吊るしたばかりだから、
うまい具合にゆらゆら揺れて、
これが本能に火をつけたらしい。
(つづく)
[PR]

by peteandfluffy | 2004-12-30 23:10 | Cats  

<< 正月飾りの悲劇 ご主人がなかなか帰ってこない間 >>