ローライズのGパン

今日は一気に秋の到来。ちょいと用事があって街に出た。
用が済んで、まっすぐ帰るのもなんだなと思い、
なじみの店に久しぶりに顔を出した。
「なじみの店」といっても、飲み屋さんとかではなくて、洋服屋さんだ。店はすっかり秋物一色になっていた。
 そこの服もかわいいのだけれど、Gパンのいいのがあるのでついのぞいてしまう。行くとあれやこれやと勧められ、気の弱い私はついその気になって買ってしまうので、なるべく行かないようにしていたのだけれど、今日はすっぽりとその術中にはまってしもうたわい。

 そのGパンは、お尻のポケットの辺りと裾に、花柄の刺繍がコラージュ風にあしらわれていて、とってもフェミニンなデザイン。ひと目惚れしてしまったが、値段を見て引いてしまった。店員がやってきた。
『こんにちはっ! お久しぶりですねっ。これ、かわいいでしょう?』
『うん。すっごくかわいい。でもちょっとお値段にびっくりしてるとこ』
おばさんなので、思ったことは失礼にならない程度にはきっちり言うことにしている。
『はいてみませんか? 』



そうなんだ。
ここで断ればいいものを、試着するだけならタダさっ、と
さもしい考えを起こすから私はダメなのさっ。

c0016987_21584168.jpg最近のGパンは死にものぐるいで汗だくになってはかなくちゃならない。
太ももではく、という言い方をする。
言い方はかっこいいが、チャックしめるのに3人かがりだわ、
何とかしまっても座ったりかがんだりできないわ、
ちょっとでも太れば腰骨にすりむけ傷ができるわ、
いろいろ大変なのよ。
おまけに全部ローライズタイプなので、
おなかの肉がぽてっと、
きっちり締められたウェストの上に乗っかったくらいにして、
見苦しいったらこの上ない。
しかし、ガードル効果はありそうだ。

結局、このGパンはボーナス払いで買った。
予想通りの展開となってしまった。
しばらく、余計なものは一切買えないなぁ...
[PR]

by peteandfluffy | 2005-09-13 19:43 | 衣装  

<< ストーブ、たく 目玉父さん part2 >>