ワイヤープランツ

c0016987_161334.jpg


イヤープランツは、のんちゃんの大好物だ。
ヒトの留守の間に、彼なりに知恵を絞って、
棚の一番高いところに置いてあった鉢を床に落とす。
ふた株あったうちのひと株は、とことんかじられ、ぼろぼろになり、
やがて枯れていった。かわいそうなことをした。

かろうじて生き残ったこの株も、
先端部はことごとく食いちぎられ、見るもあわれな姿になっていた。
今年の春先のことだ。

気温が上がってきた5月頃、
ワイヤープランツは2階の日当たりの良い部屋に移動させ、
ネコの魔手からきっちりと遠ざけた。

夏が過ぎ、秋がやってきた。
力強い日差しをたっぷりと浴びたワイヤープランツはぐんぐん生育し、
すっかり元の姿に回復した。

けれども、冬になる前には室内に再び取り込まなくてはならない。
魔の手から確実に逃れられるのは唯一、ハンギングにすることだ。
と言っても、植物の数だけ鉢を吊したのでは部屋中吊り鉢だらけになってしまう。
そう高くもない天井なので、あぶなくておちおち歩けやしない。
一個か二個しかなくてもごんごんぶつかって歩いているのに。

話がくどくなってしまったが、
そういうわけで寄せまとめることにした。

今年の冬は何とか安全に乗り越えてほしいものだ。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-09-15 16:03 | Garden  

<< million hearts ストーブ、たく >>