大雪、十勝、道東の旅を練る


週末の連休は、かねてから道東へ行くことに決めていた。
温泉叔父叔母(過去ログ参照)の本拠地は、実は十勝のとあるすんごい田舎町にあるので、そこを拠点に温泉叔父叔母と放浪の旅に出よう、とプランは日一日と具体化していた。
 この話は、いつしか二人の息子で私のイトコである※sunちゃんの耳に入った。彼もまた実は家族とともに、大雪山系の息をが止まりそうになるくらい素ン晴らしい紅葉を見るドライブと山歩きの旅を計画していたらしい。(ちょっとピークには早いとは思うんだけど)

 で、sunちゃんは二つの旅の合流計画を思いつき、今日、私にメールをくれた。
予定が書いてあった。
c0016987_20295670.jpg
スケジュールは22日の18時半くらいに札幌発。高速で上川愛別まで行って20時半くらいに宿に入り、部屋で途中で買った弁当を食べ、温泉入浴、ババヌキなど。翌朝、宿で朝食後、銀泉台か高原温泉へ。軽く歩いて午後早くに解散、という感じです。宿は層雲峡の「ホテルノーザンロッジ」、一泊朝食付き6,450円で検討してます。
【原文のまま】

ババヌキには軽くカチンときたが大人なのでここは受け流し、今、じっくりと検討している。

 実はsunちゃんはスゴ腕のoutdoor fitterだ。NHK-BSの「アウトドアのの鉄人」とか何とかいう、多分ローカルだと思うけど特集番組に出演したくらいで、いつもそこはかとなく汚ならしく(ぼざぼさ髪とか無精ひげとか)、いかにもアウトドア派らしい人相風体。山の中に入られたらまず見つけ出すのは困難なくらいみごとに周囲と馴染む。北海道の自然とかアウトドア・アクティヴィティに関してはすみずみまで熟知している。何を尋ねてもたいがい即答。どこからどこまで最短距離で行くには?なんて尋ねようモノなら、へたなカーナビも真っ青の詳細なルート解説が返ってくる。そーいうタイプ。

 そんな一級のガイド付きで大雪の紅葉の大パノラマを楽しめるなんて、またとないチャンスなのだ。イトコ同士とは言え、それぞれ日程や家族の都合もあるし、こんなにうまい具合に互いのスケジュールを合わせられるのは、滅多にないことと思う。

 迷うのには原因がある。
 sunちゃんの言う「紅葉を見る」というのは、クルマに乗ったまま壮大な錦秋のパノラマを堪能する、とかいう安易なツアーではない。何と言ってもヘヴィー・デューティー家族。山に、入るのだ。登ったり下ったり、クマよけの鈴を腰やリュックににつけて山道をひたすら黙々と歩き続け、銀泉台だとかなんとか沼とか、そういう山腹にある沼を巡りながら紅葉に浸る、そういうタイプ。
 私は一度、このタイプのツアーに訳も分からず参加する羽目になって、以来「二度と来ない」と決心している。sunちゃんの提案しているのは、まさに私がかつて体験したこれと同じルートのはずだ。苦々しい思い出がよみがえる。

 どうしよう。温泉&ババヌキでスルーして、まっすぐ温泉叔父叔母のもとへ行っちゃおうかなぁ......。


※sunちゃん=
今月の目玉おやじ編で、うちに来て最後はテキトーに結論まとめていった、あのイトコ
※地図はアバウトな位置を示したもので、正確さには欠けています
[PR]

by peteandfluffy | 2005-09-20 18:13 | 旅/国内  

<< 層雲峡・大雪・道東の旅 ワイヤープランツの花が咲いた >>