【野付半島・トドワラ篇】ぐるり道東の旅

c0016987_17202622.jpg

【9月25日】

の日はトドワラ散策から始まった。
昨夜は標津町の国民宿舎に宿泊した。
この連休に、
予約なしで宿を見つけながら動き回る叔父叔母の行動力には感服する。
野付半島は、知床から根室方面に向かう途中のオホーツク海に突き出ている、
北海シマエビみたいな形をした半島だ。
実際、北海シマエビの産地なので不思議な偶然だ。
小さい半島なので、クルマを走らせながら、
肉眼で半島の形がわかるのが面白い。
面白いと言えば、
半島の付け根から途中までが標津町で、
先端半分が別海町というのもユニークな行政区画。
クルマでネイチャーセンターがある遊歩道入り口まで行き、
後は1キロちょっとの道を、ひたすらてくてく歩く。

c0016987_1732710.jpg
c0016987_17322165.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-09-30 17:33 | 旅/国内  

<< 【根室〜霧多布の夜篇】ぐるり道東の旅 【野付半島・トドワラ篇】ぐるり... >>