雪が降る前に咲いてほしい−嵯峨菊

c0016987_13455694.jpg 庭の秋の最後を締めくくる花は、この嵯峨菊。花弁の形が気に入って、数年前に鉢で買い求め、地植えにした。以来毎年立派に花芽を付けて咲かせてくれる。手間もあまりかからない。

 でもひとつ残念なことがある。
 花が咲き始めるのは11月に入ってからなので、そのころになると北海道ではどうしても一度雪に降られてしまう。開きかけた花が雪に当たると傷んでしまって台無しだ。最近は、黄色い蕾ができてくるとすぐ刈り取って花瓶に生けてあげる。丈夫なので、切り上げてもちゃんと開花してくれるのだ。

 ところが、それはそれでまた大変なことになる。
何せ蕾という蕾が一斉に開花するものだから、
満開になると嵯峨菊一色になってしまって、どうもいただけない。
 なかなかうまい具合にはいかないものだ。
c0016987_13474592.jpg
c0016987_14273189.jpg



ちなみに咲くとこうなる。
ひと足先に切り上げたものが室内で開花した。

[PR]

by peteandfluffy | 2005-11-03 14:04 | Garden  

<< お外の偵察は日課です シャコバサボテンのつぼみ >>