inner porch - インナーポーチ

c0016987_22341720.jpg

をいうと。けっこうfelissimoのファンである。
で、これはインナーポーチといって、
トートバッグなど大きめのバッグの持ち手に引っ掛けて使うものどす。
頻繁に出したり入れたりするものや鍵のたぐい、携帯なんかは、
大きめのトートバッグのなかでよく迷子になるのです。
それを、このインナーポーチのなかにまとめて入れておけば、
いつでもどこでもすぐに取り出せる、という優れものなのです。

私はあんまり大きめのバッグはもたないので、これはあんまり必要ないのです。
でも...
あの温泉叔父叔母の叔母が、これをひとめ見てすっごく気に入ったらしい。



話は戻るが、この叔母の、携帯に出るのはたいそう遅い。
最低10回はならさないとでない。
しまいに留守番録音にかかってはい、40円、とか。
40円はたいした金額ではないが、
出ないのに払うことが重なると何とかならんものかい、と思うものだ。

で、よく見ていると、
叔母は携帯が鳴ると、おっきなバッグの中をごそごそとかきまわし、
あれっ??あれっ??なんてやってるうちに呼び出しが鳴りやむ。
かわいそうに。
今かけたひとはこれに40円とか、20円とか、払わされてるんだな。

ある時、すんごく早く出てこっちがびっくりしたことがある。
コール2回目くらいで『はい』とか言うもんだから、
10回は大丈夫、出ないぞ、と余裕をかましていた私は慌てた。
何を慌てた、といって、歯など磨きながらかけていたからだ。
もごもごになってしった。
なんでも叔父に『携帯手に持ってろ!』と命令されたらしい。
あの温厚な叔父がそこまで言ったのだから、
よほど見るに見かねたに違いない。

まぁ。それはそうとして、
私は以前買い求めていたこのインナーポーチを、あるとき叔母に進呈した。
すると、そりゃぁ、すっごく気に入って、
『そうね。あと2つ買っといて』ときたものだ。

移動が多い生活なので、いちいち外して付け替えるのが面倒なのだろう。

これで、携帯、3回コールしたくらいで出てくれるよなぁ、と期待してはいるのだが...
[PR]

by peteandfluffy | 2005-11-07 22:49 | Favorite  

<< ふわちゃんのへんな後ろ足 初雪の前に嵯峨菊を切り上げる >>