今日は土曜日

良かった、
おじいちゃんからメールがきた。
PCがクラッシュしていたらしい。

Boyceはこの前から犬を飼い始めた。
名前はベッシーという。
3歳くらいの雌ということで、写真は見たことないけど、
犬は好きなようだ。


犬とアメリカ人の関係って、
ちょっとこちらとは違うものがある。
役にたつかたたないか、
性格、気性はどうなのか、
そういうことを第一にするみたいだ。
かわいいとか、みかけとかは二の次みたい。
場所にもよるのだろうけど、
飼っている生き物と人間との関係の、
割り切り方がはっきりしているようだ。

もちろんかわいがっている。
ただ、猫っかわいがりではないのがわかる。
しつけをきちんとしている。

ごっつい犬、いろいろであいましたん。
とある駐車場の車につながれていた、
闘犬のような顔をはした大きな黒茶ぶちの犬は、
みかけによらず人なつっこくて、
ベロベロされちやったり、
お手っと言ったら
どでかい前足を無造作にドスンッとのせてきて、
こっちがあやうくこけそうになったり。

それはさておき
生き物を人間社会のなかでどう飼うか、
どうつきあうかということを
ちゃんと考えてしかなくちゃならないな、と
最近よく思う。

ペットにフリルのついた服を着せて記念写真をとるような、
それは私はしたくないな、と思っている。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-01-15 18:46 | 雑記  

<< 猫の順番 テキサスのおじいちゃん >>