猫の順番

猫にはちゃんと順番がある。
ボス猫がどうとか、
野良ちゃんたちのグループに順番があることは知られているし、
分かるけれども、
そんな猫社会の経験がないにも拘らず、
ちゃんと順番がある。
絶対則は
1番若い猫が何でも優先、ということ。

食事。おもちゃ。おもしろそうなこと。
暖かくて気持ちの良い場所。
若造のノン字が真っ先にすっとんでいく。

子猫のときにあれだけ元気いっぱいだったピーちゃんが、
まるでいくじなしになったみたいに
しゅんとなって、
自分より年若の猫のしたいようにさせている。
フワ字なんか子猫のとき、
横からそおっーと割り込んで
食事をいただこうとしたピー字の額に
パシッと電光石火のネコぱんちしたもんね。
あの時はどうなることかと思ったけど、
ピー字はしゅんとなって黙って引き下がった。

今でも食事は
ノン字とフワ字が食べ残したおこぼれを
やっとちょうだいしているみたい。
2匹が皿の前を去ってから、
のっそりのっそりと皿の方に行って、
ひとりしずかに食事する。
ああ、なんてかわいそう。

からまれても逃げ回るだけ。
決して本気で反撃も逆襲もしない。
まるで陰が薄くなった感だ。

でもピーちゃんは一番かわいい。
何たって猫らしい。
勝手に押し入れをあけて、お客さん用の布団の間に挟まって、
ぬくぬくと寝る猫はあなただけ。
布団が毛だらけになっちゃったっしょ!

大カラスとタイマンはる。(古いスラングですね)
舗道の真ん中を人のように堂々と歩く。
都合の悪いときは返事をしない。
牡蛎鍋に用意しておいた生牡蛎を
テーブルからささっと盗んだのもあなた。
ストーブの前にごろごろされたら邪魔だからどけなさい、
なんて言っても、
つついたくらいでは無視される。
掃除機の音だって平気だもんねっ。
無理矢理どけさせられると、
怒った顔して、のっそのっそと移動。
この図太さが好きだ。

ピーちゃんの伝説はほかにもいろいろあって、
尽きることはないのだけれど、
今日はこのへんで。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-01-16 18:28 | Cats  

<< どぼんとお風呂に2回 今日は土曜日 >>