メモリー、仕方なく増設する

c0016987_1124699.jpg このマックを手に入れてから早や一年とちょっと。調子に乗っていろいろやっているうちに、どうも当初のさくさく感がなくなってきた。ファイルの保存途中に突如アプリケーションが終了したときはあせった。
『そのソフトは基本的にG5対応、メモリーも最低1ギガは必要ですよ』
メモリー不足...
 512MBの標準メモリーは、実は256MBが2本入っている。1GB上にしたいなら、512メガじゃなくて、しっかり1ギガのメモリーを買わなくてはならない。

『さすが商売上手じゃのう、越後屋どのは...ふぉっふぉっふぉっふぉっ.....』




APPLE STOREへアクセスしてみた。す、すると.....
純正メモリー1GBの値段は目の玉が飛び出そうな数字だった。
純正じゃなくてもいいや、とビックカメラにも行ってみた。
でも、やっぱりメモリーは高い。しかも純正より高いじゃないの。
分かってはいたけど、いざ買うとなると、ずっしりくる値段だ。

でも...新しいマックを買うのはおそらく3年以上は後のこと。
だったら今はこのマックを快適にすることを考えよう...
そういう結論に達して、酔った勢いでオーダーした。
で、届いたのがこれ。薄い、ライター大の小さなメモリー。
『こ、これがン万ン千ン百円もするのか』と思うと感慨深いものがある。
どうせ工場で大量生産なのに。原価はいくらなんだいっ??
などなど、いろいろな思いがめぐる。
 めぐったが、マックの次世代コンピュータ開発に投資した、と思って納得することにした。

あっ、もちろんその後は快適ですよ。ふたたび。サクサクッと。

c0016987_1261240.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2006-02-24 11:46 | Apple  

<< カレー祭り、しぶしぶ始める ☆夢バトン☆とアロサウルス >>