再脱走

夜中も午前零時半……
雪はどうなったのだろうと、ちょっと玄関のドアを開けた隙に
ノン字が再び大脱走した。

雪はいったん小降りになったけど、
このときは再び大雪。
積もりに積もってネコの高さくらいにまでなっていた。
階段の段差も消えていた。
さっきの雪かきはまったく無意味になっていた。

そこをたたたたっと駆け下りて、道に出たものの
さすがのノン字も立ち往生。
向かいに止めてあった車の下に潜り込んでしまった。

この時間に気が引けたが、
『のーんちゃんっ、のーんちゃんっ』と呼ぶ。
ご近所に、やっばりあそこの家はバカだと思われたことだろう。
辺り一帯は車が通るとき以外は恐ろしいまでの静けさだ。

呼び声につられて、ノン字が車の下から顔をだしたが、
そこまで行こうにも積もった雪で私が歩けない。
ノン字もそこから出ようかどうか戸惑っているみたいだ。
一歩も動かず、また潜り込まれると厄介なので、
仕方なく私が雪の中を漕ぎ歩いてノン字を捕まえた。

ハア〜っ
もう寝ようと思っていたのに、
これで一気に目が醒めちゃった。

ノン字のお腹の毛には、
予想通りびっしりと雪だんご。

さっきのがやっと乾いたと思ったのに、
また床に点々と小さな雪の塊が落ちている。
私のスエットの裾が、とってもちゅめたい……

きょうの雪は多いけど、軽くてふわふわの雪だ。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-01-23 00:59 | Cats  

<< 積もった雪に呆然としているのか... 雪がだいすき >>