Cabin - Steens Mountain

オレゴン州の南部に横たわるSteens Mountainというところに、Cabinをもっているヒトがいて、そこに2、3日滞在した。
先代がこつこつと建てた、これもまた手作りのキャビンらしい。
Old Westの雰囲気をちょっびり楽しんできた。
c0016987_213484.jpg

鹿の角だらけ。さすが狩猟民族だ。

c0016987_21342078.jpg



















                                                            
雪まだ残る山並み。けれども麓は灼熱の砂漠だ。
ここから山頂のキャビンまで、数マイル。
でこぼこの山道を、クルマでゆっくりと進んで小1時間かかる。
c0016987_21405839.jpg

Stone Houseと名付けられた岩山がシンボルマークだ。
c0016987_21411096.jpg

ちなみに、三日間の滞在中、2回パンクした。
最寄りのスタンド(クルマで2時間弱)で修理した。

sage bushが一面に広がる。
とてもいい香りがする。
ハーブによくある、すっとする香りだ。
インディアンはこれでタバコを作っていたそうだ。
c0016987_214679.jpg


その間に、てんとうむしを見つけた。
crystalgemさん、ごめんなさい。
c0016987_21482128.jpg


c0016987_21494757.jpg
道の途中にはこんなものがごろごろ。
あぶなくてうかうか散歩はできない。
鹿か何かと間違えられて、うっかり撃たれでもしたらたまったものではない。



山道の途中、知り合いのヒトたちが馬に乗ってやってきた。
このとき、馬に乗せてもらった。
これから山頂までTrail Rideを楽しむらしい。
c0016987_21514146.jpg


初日の夕食はステーキ。
おいしかった。
c0016987_2154171.jpg


キャビンの中には、ひと通りの物がそろっている。
年代物のオーブンだが、とてもいい感じだ。
コーヒーはパーコレーター。
しかし.....ここには電気も水道もない。
灯りはランタン。水はタンク持ち込み。火力はプロパンだ。
プロパンで動く冷蔵庫もあったが、今回は故障していた。
水や電気のありがたさを感じさせられた。
c0016987_2156289.jpg


c0016987_21565745.jpg

こんな看板がかざってあった。
一晩25セントとは、随分お値打ち価格。いったい、いつごろのものなのだろう?











こんな張り紙も。
c0016987_222485.jpg

"求む! いい女!
掃除ができて
裁縫、料理上手。

ボートとクルマ所有のこと。

ボートとクルマの写真送ってください"

こんな所にもアメリカン・ジョークが。

前後するが、麓で出合った鹿の群れ。
オスはこちらを警戒している。
c0016987_21595983.jpg


道すがらに出合った鹿。
耳の大きな鹿だなぁ
c0016987_2261190.jpg


生まれて初めて見た、といっていいと思う。
神々しいまでの山の日の出。
c0016987_2234944.jpg

c0016987_2265794.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2006-07-09 21:43 | 旅/海外  

<< 端っこのんちゃん 大日本帝国政府発行の1peso紙幣 >>