おじちゃんブログデビューか

きょう、おじちゃんに会った。
いつも温泉に連れて行ってくれるやさしいおじちゃん。

お昼をごちそうになりながら、
最近買ったマックで私から借りたスティングを自分でCDに落としたよ、と嬉しそうに話す。
『ところでペーコちゃんは家ではパソコンあんまり使わないでしょう』
突然こっちに振られた。
ばかな私はその後の展開の予想がつかず、うっかり
『いやー、会社より家での方が使ってますょ』なーんて言ってしまった。
『へえー、で何をしているの?』
『えっっっっっっっ、あのー、そうですねぇ……ネットサーフィンして遊んでますぅ』
『ネットみて歩くぐらいならそんなに時間はかからないでしょう。なに?チャットとか?』
思ったより詳しい。
『いえ、あのー、そのー、掲示板みたいなものですね。
チャットはパソコンに貼り付いてなくちゃなんないので』
『へえー、で、その掲示板ってどんなものなの?どうすればいいのかな』
いやぁ、しまった。おじちゃんは本気でやりたそうだ。
ブログといってもわかりづらいだろう、と思って掲示板ってことにしちゃったけど、
どうしよう。
この後ご丁寧に
『じゃあ、今度おじちゃんの家に行ったときに教えますよ』
などとも言ってしまったものだから、後に引けなくなった。
あの様子からみて、これはここだけの話では終わるまい。

マックを買って今いろいろと興味関心が1番高まっているおじちゃん。
ブログなんか教えたら絶対はまるタイプだ。
ややこしくなってきたなぁ。
おじちゃんの子供たち、つまり私のいとこたちが、
何と言うか……。『余計なことを』と思われるかも知れない。



『ところで、エッチ系のサイトってアクセスするとやばいのかな』
わ゛ーっ、そんなこと聞かないでよ!
『うーん、私はよくわからないんですけど、
アクセスしただけでウイルスに感染するっていうこともあるらしいですよ』
さりげなく流そうと試みる。
『へーえ。まあ、ボクはどうやってアクセスするのかわかんないんだけどさ』
わーん、私もしりましぇーん!
おじちゃん、今、目がきらりと光ったよぉ。
それらしい言葉入力して検索すればぞろぞろ出てきますよ、なんて
とっても言えなかった。
そんなこと指南したら、それこそいとこたちだけじゃなくって、
おばちゃままで……考えただけで恐ろしい。
温泉に連れて行ってもらえなくなるじゃないか。

そんなことより、ブログしましょう!
ん?でもそうなると私のこのサイトを教えることになるなぁ。
するとこの投稿を見られることにもなる。
ああ、いかんいかん。

そうだ、そのときはこの投稿だけ削除しちゃえばいいんだ。

いやいや、やっぱりだめだ。
それ以後投稿しにくくなるじゃないか。
おじちゃんにも見られる可能性がある、ということを念頭におきながら
投稿しなくちゃならなくなる。
やっぱりだめっ。

このまま逃げ切ろう。
どこかの掲示板を教えて、それでごまかそう。

話は変わるがうちの会社の男の人が、
だれもいないときにこっそりエッチ系を楽しんでいたらしい。
月曜日、おもむろにパソを立ち上げると、
ごみ箱の上に何かが乗っかっていた。
なんだろうと思って開いてみるとまさにエッチ画像。
しかもけっこうヘヴィー級。
『わーあっ』と奇声をあげた私に、
どうしたどうした、とみな駆け寄ってきて
わーわー騒ぐものだから、経理のおばちゃままで
『どぉうしたのぉ?なぁになぁにぃ?』と駆け寄ってきたので
それは力づくで止めた。
『イトさんはみちゃだめっ』

犯人は下向いたままでした。
こおいう時は、くれぐれもきちんとゴミ箱に始末するように。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-01-24 21:06 | 雑記  

<< うちのファックス 雪の中のねこ >>