大好きなおもちゃはこれ!

c0016987_15183048.jpg

ピーちゃんは子供のころから、この、
お正月の鏡餅にくるっとくくりつけてある飾り物が大好き。
これで気が触れたみたいに一心不乱に遊ぶ。
投げてやるとダッシュしてキャッチ、私の足元や手元にぽとっと落とす。
そして、また投げて、と言わんばかりに私の顔をじーっと見上げるのだ。
仕方がないのでまた投げてやる。
これを何回も繰り返す。私がやめるまで。
ほかにもコルクとか、丸めた紙玉とかで遊ばせたのだけど、
このおもちゃはダントツのお気に入りだ。
噛んだりしているうちに端の方を飲み込んだりすると困るので、
飼い主としては、このおもちゃで遊ばせるにはあまり気が進まないのだけれど。



毎回同じ投げ方だと変化がないので、
放物線状にほわんと投げてみる。
これは、すぐキャッチできちゃうからもの足りなさそうだった。
全力のストレートには大興奮。眼がらんらんと輝く。

台所の冷蔵庫とレンジ台の間に、丁度10センチくらいの隙間があいていて、
ここをめがけて投げてやるととっても喜ぶ。
台所にはビニールクロスが敷いてあるので、
ダッシュして行くと滑ってその惰性で隙間に体がすっぽりとはまる。
獲物をキャッチして、また同じところに投げてあげると、
また全く同じことをする。
これも何回も同じことを繰り返すので、
ときどきいじわるして知らんふりすると、
あそこに投げて、といわんばかりに
顔をその隙間の方に振って、私の目線を促すのだ。

だけど、この遊び方は、ある時期から出来なくなった。
ピーちゃんは、この10センチの隙間に、
肩より後ろの体が入らなくなっちゃったのだ。
大人になったから、ということではない。

でも、2番目に我が家にやってきたふわちゃんにしっかりと受け継がれた。
フワちゃんは、おとなしそうな感じだけれど、
なかなかどうして、気の強いところがある。

フワちゃんはコルク派。
投げられたコルクをくわえて私の近くにポトッと落とし、
また投げて、と私の顔とコルクを交互に見る。
ああっ、かわいいっ!(親ばか)
投げてやれば何回でも続ける。
途中から、息が上がって『はっはっはっはっ』とか喘ぎながらでもやる。
顔は真剣そのものだ。
そして、とうとう疲れきってしまうと、突然ぺたっと座り込むのだ。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-01-27 19:34 | Cats  

<< タコ ばとる >>