ノンちゃん、金髪の美人女医さんに診てもらう

こんちノンちゃん、
海を渡ってすっかり野生に目覚め、
近所には年上のメス猫がうろうろしているということもあってか、
スプレーがひどくなりました。
イスや壁、ベッド、ドアなどありとあらゆる物にスプレーして歩き、昼も夜もうろうろ歩き回ってはおかしな鳴き声をあげ、
しまいには服にもそこはかとなく不快な臭いが.....
ふわちゃんとも壮絶なケンカをして怪我をさせ、
我慢も限界に達してきました。

獣医さんに連れて行くことにしました。
ええ、そうです。
かわいそうですが去勢することにしたのです。

信頼の出来る獣医さんを教えてもらい、現れたのが
透き通るような青い瞳が美しい、



c0016987_20431419.gif

ノンちゃんを優しくなでながら、
ささやくような優しい声で
『あらまぁ、ハンサムな猫ちゃんだこと♪』
『大丈夫よ〜、怖いことなんか何にもないのよ〜』
などとなだめおだてる美人女医。
あわれノンちゃん、この後何が起こるとも知らず
“んなぁ〜ごぉ〜”と情けない声で啼いています。
ネコも鼻の下を伸ばすんだな〜

金髪美人に抱かれてノンちゃん、
そのまま診察室の奥へと素直に入っていったのでした。

というわけで、
去勢はしたくなかったのですが、あまりにスプレーがひどかったので仕方ありませんでした。
手術のあと、みごとにスプレー現象はおさまり、
平和が戻りました。

手術代、事前の検査代など全部でだいたい80ドルでした。
日本とほぼ同じくらいの値段でしょう。

ノンちゃんを引き取りにいき、ほっと抱き上げてみると、
ほのかに心地よい香水の残り香が......
[PR]

by peteandfluffy | 2007-01-03 19:43 | Cats  

<< コーヒーミルの悲劇 - プロローグ 明けましておめでとうございます >>