心配なニュース

何げにニュースを見ていたら
「ペットフードをリコール、死亡例10件と 米国」という
聞き捨てならない見出し
を発見した。

内容は次の通りだった。
カナダのペットフード大手メニュー・フーズは17日、北米向けに昨年12月3日から今年3月6日までに出荷した、イヌやネコ向けのペットフードをリコールすると発表した。米国で、同社のペットフードを食べたイヌやネコの腎不全が相次いで報告され、約10頭が死亡したためとしている。
リコール対象となっているのは、49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードで、米小売り大手ウォルマートなどのブランド名で発売されている6000万個に達する。リコール対象の製品にはすべて、新しい供給元から購入した小麦グルテンが含まれているという。・・・中略・・・
リコール対象製品の一覧は、メニュー・フーズ・インカム・ファンドのサイトで確認できる。





                                                                                                            対象商品をざっと眺めてみると、
さまざまなペットフード会社に原料を供給している会社のようで、
○○社の製品、という話ではないようだ。
幸い、ノンちゃんふわちゃんに与えているご飯の銘柄はリストになかったけれど、中には日本でもけっこう有名なブランドの製品があって、信頼して与えている人もいるだろう。
そしてこれ、リスト以外の製品もほんとに大丈夫なのだろうか?
発売期間も限定しているけれど、
本当にその期間に出荷された製品だけの話なのだろうか?
まだ因果関係もはっきりしていない、ということだけれど、これだけ多くの会社の製品にまたがっていると、ペットフード全体に不信感を抱いてしまう。
のんちゃんなんか大喰らいなので、特に心配だ。
今メインで与えているご飯はリストにはなかったけれど、
ちょっと見直そうと思っている。
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-18 19:12 | Cats  

<< さくらクッキーを焼いてみた ぼちぼち準備に取りかからねば >>