アイアントルソー、里子に出す

引っ越しに伴って、いろいろと処分する物がでてきた。
大きな物は送料、というか、輸送料がかさむので、なるべく処分。
泣く泣く処分することにしたものはいろいろあるが、
これが一番ショックな決断だった。

c0016987_2293938.jpg


そう、アンティーク仕様のアイアントルソー。
去年の末にゲットしてそのまま、
ろくに使いもしないでただそこにあっただけ、のものだったが、
いざ売りに出すとなると寂しい気持ちが募る。
そこにあるだけで、なんとなくいい気分にさせてくれたトルソー。
お店にあるトルソーとは違って、インテリアとして十分存在感があって、
しかもたまには服を着せてコーディネートを研究したり。
(たいがい自分で着てみると全然雰囲気変わったけど...)

さようなら、トルソー。
でも、もし買い手がつかなかったら、一緒にアメリカ行こうね♪
↑物に話しかける
[PR]

by peteandfluffy | 2007-04-11 22:15 | 衣装  

<< クリスマス・ローズ咲く 回転寿司「花まる」で大満足する >>