プチツアーと十勝石とフレッシュベリー <1>

親類の家に二泊三日で遊びに行った。

オレゴン州はおもしろい州で、
南北に走るカスケード山脈の西側(太平洋側)は湿潤な気候、
ひとたび山を超えて東側に入るとからからに乾いた砂漠気候地帯が広がっている。
その変わりようと言ったらみごとなほどだ。
峠の頂上付近を境に、景色も温度もがらりと変わる。
親類は中南部の小さな町に住んでいるので、
その砂漠的気候地帯に向けてクルマを走らせた。

アメリカの派手な山火事は日本のテレビニュースでも時々放送されるけど、
砂漠気候のくせに、へたに森林が広がっている部分もあるものだから、
ちょっとしたことですぐ火がつく。

道すがら、山火事を見かけた。
c0016987_815046.jpg

煙がもくもくと上がっている。
走るクルマの窓から撮ったのでこれが一番マシなショット。
よくわからない、という方、お許しください。
右端の、山腹にまだ雪が残る美しい山はマウント・ジェファーソン。
だったかな? ← おい(汗

この辺りは3,000メートル級の凛とした高峰があちこちに聳え立っていて、
オレゴンっ子一年生の私には、見る方角によって
どれがどれだか見分けがつかなくなることもしばしばだ。



昼ご飯抜きで出発したので、やや走るとお腹がすいてきた。
途中の小さな町のレストラン「ブラック・ベア」で腹ごしらえする。
店内のあちこちに熊の木の彫り物やらイラストやら何やら、
クマがらみの装飾一色。
このあたりにクマはあんまりいないと思うんだけど、
どういうしがらみなのか、それはともかく
どこかの国の観光地にもこんな感じのところがあったっけ。

実はこの辺りにある「ユージーン」という町は、
あの映画「スタンド・バイ・ミー」のロケ地となったところ。
今回は立ち寄らなかったけれど、
標識が現れて、「ああ、いつか行ってみたいな」などと思う。

さて、親戚の家滞在の二日目、ちょっとした周遊ドライブに出た。
この辺りにはきれいな湖が点在している、という。

この二つの湖は、そのまま「twin lakes」、
北海道の東部にもある双湖「ペンケトー」「パンケトー」を思い出した。
サイズはこっちの方がかなり大きめだけど。
c0016987_8405041.jpg

二つの湖はカルデラ湖だ。
爆発のときに流れ出た溶岩の後もしっかり残っている。
c0016987_10301258.jpg

おおざっぱだけど、流れ出た溶岩が矢印の先で止まって
“溶岩だまり”みたいになって、
森林のなかにぽっかりとみごとな500円ハゲ地を形成したようだ。
c0016987_10314310.jpg


別の場所に移動。
今度は何やら岩場に連れて行かれた。
ただの岩場にしてはみょうに観光客が多い。
c0016987_10374537.jpg

よく見るとこんな石が。
c0016987_10384594.jpg

鈍く光る黒い石、これはもしかして、あの、
十勝石 = 黒曜石?
【つづく】
[PR]

by peteandfluffy | 2007-07-30 08:24 | アメリカ  

<< huckleberry - ハ... ロデオ大会に行ってくる _ E... >>