カテゴリ:旅/国内( 63 )

 

道東の旅 おまけ篇/長イモ畑、っていうかツル棚

c0016987_221282.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-06 22:01 | 旅/国内  

道東の旅 おまけ篇/豆にお

にお。十勝の風物詩。

c0016987_21572278.jpg

こうやって収穫した豆を乾燥させる。
c0016987_21561841.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-06 22:00 | 旅/国内  

道東の旅 おまけ篇/牛


か?
c0016987_2155536.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-06 21:55 | 旅/国内  

道東の旅 おまけ篇/んま


落したンマ。
c0016987_21522119.jpg

あごを休めるンマ。
『なんせ、重いもので...』
c0016987_21523279.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-06 21:53 | 旅/国内  

道東の旅 おまけ篇/虹


た虹を見た。
今年は随分虹の当たり年だが、いいことは未ださっぱりだ。
c0016987_21485077.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-06 21:50 | 旅/国内  

【双湖台〜鹿追篇】ぐるり道東の旅

湖台にやってきた。阿寒横断道路の中途にある、山中の小さな湖だ。二つあるのでこんな名前がついている。名前はペンケトー、パンケトー。
展望台から見えたのは、一つだけだったけど、既に気温がぐっと下がっていて、これ以上探検する気迫は失せていた。c0016987_20515616.jpg
c0016987_20532146.jpg

ここも紅葉のピークだったらもっと素晴らしい景観だっただろう。
ちょっと早かった。残念だ。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-03 20:58 | 旅/国内  

【双湖台〜鹿追篇】ぐるり道東の旅

の日の夕景もまた美しかった。
阿寒横断道路で見えた、刻々と変化する秋の空。
車中からの撮影なので、どうぞこれでお許し下さい。
c0016987_20591983.jpg


More
[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-03 20:50 | 旅/国内  

【双湖台〜鹿追篇】ぐるり道東の旅

c0016987_20354421.jpg

食はバイキング。
和、洋いろいろあって、値段もお手頃な、いいバイキングだった。c0016987_20372387.jpg






これはクリ豆というそうだ。市場には出回らない品種。豆らしい、くせのない柔らかい味だった。
そんな出合いがあるのも穀倉地帯・十勝ならではだ。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-03 20:42 | 旅/国内  

【タンチョウ篇】ぐるり道東の旅

【9月26日】
c0016987_10573172.jpg

頂ヅルに出合った。

霧多布湿原にはタンチョウヅルが何羽か棲みついている、
運良く合えるといいね−。
クルマの中で叔父が言ってまもなく、
私は遙か彼方に白い2つの点を見つけた。
『おじちゃん、向こうのあの白いポツポツは何なんでしょうね?』
首をくるりと右に向けて私の視線の先を追った叔父は
『あ〜.....ツルだ』
と言ってクルマを路肩に緊急停止させた。
二人とも飛び出してカメラを向けた。
ズームインしてピントを合わせようとしたら、
白い二つのポツポツは、かき消えていた。
『あれー、いなくなっちゃいましたね』
『うん、残念だなぁ』
『見間違いだったのかなぁ』
『いや、そんなことない。俺も見てるから』
がっかりしてクルマに乗り込み、
とりあえずネイチャーセンターへ行って、
おいしいコーヒーをいただくことにした。

c0016987_11194442.jpg

そこからは散策路が設けられていて、湿原のなかに入り込むことができる。

c0016987_11204291.jpg 















散策路の端まで行ったとき、ツルのつがいは再び姿を現してくれた。
エサをついばみながら、どんどん移動して歩いていたのだった。

以下、何とか撮れたツル写真。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-02 11:23 | 旅/国内  

【霧多布篇】ぐるり道東の旅

【9月26日】

多布岬にやってきた。
何だか岬巡りツアーしている。
風がものすごかった。
土産物屋もこの日で店じまいするという。
全品2割引だというので、だし昆布を買った。
この辺りは昆布漁が盛んだ。
あまりの寒さに、早々に岬を後にした。
c0016987_1449171.jpg

霧多布湿原へと向かう途中の浜辺で、海鳥の群れが羽を休めていた。
全羽同じ方向を向いている。
と思ったら1羽だけ逆方向を向いている。
どこの世界も同じだな、と思った。
面白い光景だった。
c0016987_14502228.jpg

ケンボッキ島が見えた。手前の小さい島ではなくて、
その向こうの平たい大きな島。
無人島なんだそうだ。
まぁ、ムリに住むこともないだろうけど。
c0016987_14503417.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-01 14:56 | 旅/国内