カテゴリ:Foods( 58 )

 

黄桃の瓶詰め

壮大な朝日を見たその日の帰り道、
お気に入りの果物や野菜の即売所に立ち寄りました。
そこでダンナが桃を3箱も買ったので
c0016987_1154367.jpg

「いったいどないすんねん、そんなにぃ」と呆れていましたが、
2日後、その答えがわかりました。

ぷりぷり、フレッシュな甘〜い黄桃です。
c0016987_1223916.jpg


瓶詰め作業スタートです。.......More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-09-04 12:34 | Foods  

huckleberry - ハックルベリー・ツアー

プチツアーレポートの途中ですが、ちょっと中断させていただいて、

一昨日、近くの山に(といっても住んでる所が既に山の中なのですが)
ベリー摘みに行ってきました。
この日の目当ては“ハックルベリー”。
そう、あの有名なマーク・トゥエインの小説
「ハックルベリー・フィンの大冒険」のハックルベリーです。
北アメリカでも、一定の標高で酸性土壌の所しか育たない、
という珍しい種類らしく、8月初めからシーズン入りするんだそうです。
というわけで、今回は初物狩りとなりました。

国道から脇道に入り、少し進むと、
人の手があまり入っていない原生林地帯に入っていきます。
国道からさほど離れていないその辺りには、
避暑用のキャビンがいくつか建っていましたが、
それを過ぎると道はダートに変わります。
クルマのすれ違うのも無理かと思われるような狭い道。
本当の、鬱蒼たる原生林地帯に入っていきます。
鹿、エルク(鹿の大きいやつ)、クマ、コヨーテ、プーマ、
ほかにウサギなどの小動物が住んでいるそうです。
ウサギはいいですがコヨーテとかプーマとかクマは遠慮したいものです。

樹齢200年、300年クラスの杉や松のたぐいが混生しています。
道は“still creek”という小川と並行するように延びています。
しばらく行った小さな橋の所でクルマが止まりました。
この景色を眺めるためです。
c0016987_4243385.jpg

何だか日本的な雰囲気でもあります。
いい釣り場のような感じがします。
ここでちょっと休憩してから、さらに奥へと進みます。

More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-08-04 04:31 | Foods  

不審な宅配物

あるけだるい夏の日の昼。  (←今日なんですけどね
突然こんな包みが届いた。
c0016987_13131142.jpg

発泡スチロールの入れ物に厳重に梱包され、
さらにその上をプチプチで覆い、バンドまでかけてある。
ひんやりもしている。
なにやら危険な気配がする...........

More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-06-13 13:12 | Foods  

さくらクッキーを焼いてみた

c0016987_20343753.jpg

あちこちのブログで拝見するおいしそうなスイーツ、クッキー。
よだれ垂らすばかりでなくて、
たまには自分で作ってみることにしました。
春にあやかって"桜クッキー"。
といっても、形が桜だっていうだけで何の捻りもないのですが....

More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-24 20:33 | Foods  

納豆づくりをマジで考える

納豆ショック!
ちぇきさんからのトラバです。
うっかりエロトラバと一緒に消さないでくださいね(^^;)


こちらでは当たり前に手に入っても、
あちらではなかなか手に入りにくい物がいろいろとあります。
あってもやたら値段が高かったり。
似て非なる物だったり。

特に食べ物は、どうにも無性に食べたくなることがあって、
やはり幼い頃からすり込まれた味覚の記憶は容易には消せないようです。

絶対これだけはどこに行っても譲れない、という食べ物がいくつかあるのですが、そのひとつが「納豆」です。
わざわざ赤文字でsize3にする必要はないかもしれませんが

放映中止になった「ないない大事典」に影響されたわけではありません。はるか前から、私は納豆が好きなのです。毎日ではありませんが、週に1回は食べます。お肌にいいし。血液サラサラだし。体に悪いことばかりしている私の救世主だと言っても過言ではありません。

納豆は、あちらでも売っているらしいのですが、
聞くところによると、高くてまずいそうです。
そんな納豆は食べたくありません。

ふうむ。

それではここで一句。
「ないのなら 作ってみせやう 納豆菌」

More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-01-28 19:02 | Foods  

焼き肉フォー! の後の体にやさしいトマト三杯酢+和定食

焼き肉好きなことは多くの人に知られている私だけれど、
過去10日間に4回焼き肉は新記録。

昨日も友だちと流れで焼き肉に炭焼き亭になだれ込み、
5人前分くらいの量を軽く平らげて、
今日はさすがに体がずっしりと重かった。

ゆっくり起きて、まだ目やにもとれないうちに電話が鳴った。
叔母だった。「後10分くらいで出られない?」って、
まだ顔も洗ってない。

More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-06-03 20:35 | Foods  

chocolate fountain

市内某ホテルでやっていた「デザート&軽食フェア」で、
チョコレートファウンテンなるものをやっているという情報をききつけ、
矢も楯もたまらなくなって行ってきました。
この茶色いタワーの上から、溶けたチョコが絶え間なく流れ落ち、
イチゴやキウイなどのトッピングをフォークに刺して
流れ落ちるチョコをたっぷりと絡め取る−
c0016987_1643229.jpg


“チョコレートの泉”は、ストロベリーテイストもありました。
こちらも上質な大人味のチョコでした。
c0016987_16433372.jpg

知らないヒトが見ると、
この巨大なピンクのつるつるした塔はなんだろう、と思うことでしょう (^^;)
P.S.
5月31日までだそうです。

お腹空いてる人は見ちゃいけません...More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-05-23 16:48 | Foods  

道路際に落ちているタコ

連休のある日、いとこのカズがひょっこりやってきた。
上がってもらって雑談しているうちに、
こんな話になった。

カズは元某一流ホテルのシェフだった。
そのホテルと、道北の某田舎町の三セクの温泉宿泊施設が契約して、
彼は派遣され、3年ほどそこの料理を任されていた。
そのころの話だ。

何せ田舎町なので、毎日の仕入れが大変だった。
夏はまだいいが、冬は道路が吹雪のふきさらしになって
陸の孤島になるようなところだったので、
配達のトラックが『もうこれ以上とっても行けません!』
と連絡をよこすこともあったそうな。
カズ『今、どこまできてるの?』
配達『○○です』
カズ『あーんもう、だったら後ちょぉっとじゃなーい』
配達『それが行けませんねんて』
カズ『なしてさぁ〜、あとちょっとなんだから頑張ってきてよ〜ん、お〜願いだからさ〜』
配達『前の車横転してまんねん』
カズ『いいから、そんなの乗り越えてさ〜』

海の素材の仕入れはまさに浜。
そこはイカ、タコ、海老、ホタテにカジカ、※カスベなど、
新鮮な魚貝が売りの土地柄だ。

More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-05-06 23:39 | Foods  

全国有名寿司展

M百貨店の催事「全国有名寿司展」に行った。
これがすごかった。
だって、北海道から九州まで、全国のちょー有名な寿司が一カ所に集まっちゃったのだ。
北海道からは札幌・すし善やおたる政寿司のカウンターが出るわ、網走の釣りキンキ握りや留萌の無敵のウニ丼など横綱級のなどレアもの寿司が居並び、富山や石川の日本海チーム、九州からは大分、福岡、長崎ばってらなど、京都もあれやこれやでやたら珍しい寿司が目白押し。単純な(というより食い意地の張った)私はにやにやしながら会場をうろうろうろうろ、きっとよくいるヘンなおばさんにおもわれたことだろう。

牛のたたきの寿司。
とろけるような味わいだった。まさに絶品。
c0016987_2201218.jpg


海の極上の幸がみっしり盛りつけられた海鮮丼?
カニ、イクラ、ちょっと隠れているけどサケ、ツマに昆布と海藻。
あっ、ウニ、ね。数の子も。
これをみた瞬間は気絶しそうになった。←おおげさ(=^◇^=;)
c0016987_20284677.jpg


あしたまた街に出るので、今度は大分・誉寿司の「十二単」という太巻きを買ってこようと思っている。これがすごい太巻きだ。巻いているところを見て涎が.......
カニのほぐし身をたっぷり詰め込んだいなり寿司もあったなぁ。
私的には名古屋の天むすがあったのが嬉しかった。だいすきなんですよ〜
静岡の「The まぐろや」のまぐろもおいしかったぁん...
長崎ばってらを巻いていた職人さんの手つきにはほれぼれさせられ、
じっと眺めていたら照れていた。
会場回っているだけで日本全国をひと巡りしたような気分になった。

それにしても最近食べ物話題が多いなぁ... ← ひとりごと
ひとりごとも多いけど。

More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-04-18 20:36 | Foods  

蔵王プリンと豚の角煮

またまた取り合わせの良くなさそうな2品を。

先日、某マル秘ルートから、M百貨店地下のスイーツ売り場で、
17日までの限定「蔵王プリン」が販売されているとの情報が入った。
なんでも全国プリン博覧会で、二百種ものなかからグランブリに輝いた逸品で、
北海道では初めての販売とのことだ。
そうと聞いてぢっとはしていられない。

c0016987_14583480.jpg

かわいらしい外装。昔よく見かけたヨーグルトの包装にも似た感じ。
ふたをあけると....

c0016987_1503371.jpg

プリンの上にクリームがのっかっている。
一番下にカラメルソース。
手づくりの、とっても自然でマイルドな味わいだった。
宮城県石巻市の「ラ・シェール・アンジュ」というお店のものだ。
材料は牛乳、卵、砂糖、生クリームの定番に、クリームチーズが入っている。

そしてなぜか豚の角煮。
大根おろしを使っています。
c0016987_1551128.jpg

一度に一緒に食べたわけではございませんのでご安心を(^^)

春の日差しにうとうとと......More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-04-14 15:09 | Foods