カテゴリ:Garden( 72 )

 

クリスマス・ローズ咲く

今日はおだやかな春らしい日。
今年やっと蕾をもったクリスマス・ローズが、大きく開花しました。
c0016987_15443645.jpg

真正面からも一枚
c0016987_1545212.jpg


ちょっとはす向きに撮った方がいい感じですね。
アップにすると存在感が出ますが、
咲き方はひっそりと、下向き加減で大人しい感じです。
一昨年株を入手して、去年は咲きませんでした。
だめかなぁ、と思っていたら、この春やっと蕾を持ってくれました。
ほんとうは1月〜3月くらいに咲く花らしいですが、
北海道は寒いので今頃、やっと、です。

花のうしろに黒い小さい蕾が控えています。
これもまもなく咲くことでしょう。

ちなみに花に見えるのは実はがく弁で、花期は長いようです。
[PR]

by peteandfluffy | 2007-04-21 15:48 | Garden  

tulip, viola, pansy ...春の小庭、少しずつにぎやかになる

c0016987_177675.jpg
 今週に入って、うそのように暖かい日が続き、小庭のチューリップや越冬ビオラ、パンジーなどがみるみる蕾を膨らませました。
 右の濃いピンク色のものは、昨年お引っ越しをされた際、nadesikoさんからいただいたものです。どんな色が咲くか分からない球根って、なんだかサプライズのプレゼントみたいでとっても楽しみでした。珍しい色です。赤いチューリップも実は初めてです。
 この色を選んだ時のnadesikoさんの思いに、今度は私が思いをめぐらせます。
 c0016987_17929100.jpg
















 昨年春にタネをまき、夏に開花してそのままひと冬を乗り切ったビオラやパンジーは、花がひとまわり大きくなっています。たくましく成長したんだなぁと感慨一入です。
 同じように見えますが、上がパンジー、下はビオラです。

c0016987_1715879.jpgc0016987_1716565.jpg

サクランボも満開です....More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-05-17 17:15 | Garden  

サクランボの花開く


サクランボの花が咲きました。
一番花は一昨日くらい。
今日見るとこんな感じでした。
一分咲き程度です。

c0016987_11464493.jpg
c0016987_11471132.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2006-05-12 11:49 | Garden  

チューリップの芽

今日はしとしとそぼ降る雨曜日。
今年初めての気温10度超えで温かく感じられた。
そうなると、ひと冬ほったらかしにしていた、
小庭周りの荒れ具合をチェックしたくなってくる。
家の裏ですっぽり雪に埋もれていた、
チューリップの球根を植え込んだプランターが姿を現していた。
既に生き生きとした芽が出ている。
北国にやっと春が来た。

c0016987_12295646.jpg


出てきた芽の写真を撮ってみた。
で、画像処理している途中にふと気がついた。

これ................
チューリップの芽でない...
水仙の芽だ....
一番奥に写っているタグを見て気付いたのだけど、
まっ、いいかっ。 芽の姿形はほとんどそっくりだから。

今日のがっかりコーナー   More
[PR]

by peteandfluffy | 2006-04-12 23:38 | Garden  

初雪の前に嵯峨菊を切り上げる

c0016987_17352544.jpg
りときどき雨のすっきりしない1日だった。今週半ばには雪が降る、という予報だったので、当たる前に嵯峨菊を切り上げた。

 昨日の激しい雨で既に花弁が傷んでいるものもあった。やっぱり昨日のうちにやっておくべきだった。

 半分くらい刈り取ったところでまた雨がぱらぱらと降り出して作業中断−
さび病にかかっていた。今週と来春、消毒してあげないとならない。やっかいなしつこい病気だ。サビミンという薬がよく効く。一度治ったのだけど、ちょっと気を抜いていたら、今年また発生してしまった。

興味津々の、のんちゃん。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-11-07 17:42 | Garden  

雪が降る前に咲いてほしい−嵯峨菊

c0016987_13455694.jpg 庭の秋の最後を締めくくる花は、この嵯峨菊。花弁の形が気に入って、数年前に鉢で買い求め、地植えにした。以来毎年立派に花芽を付けて咲かせてくれる。手間もあまりかからない。

 でもひとつ残念なことがある。
 花が咲き始めるのは11月に入ってからなので、そのころになると北海道ではどうしても一度雪に降られてしまう。開きかけた花が雪に当たると傷んでしまって台無しだ。最近は、黄色い蕾ができてくるとすぐ刈り取って花瓶に生けてあげる。丈夫なので、切り上げてもちゃんと開花してくれるのだ。

 ところが、それはそれでまた大変なことになる。
何せ蕾という蕾が一斉に開花するものだから、
満開になると嵯峨菊一色になってしまって、どうもいただけない。
 なかなかうまい具合にはいかないものだ。
c0016987_13474592.jpg
c0016987_14273189.jpg



ちなみに咲くとこうなる。
ひと足先に切り上げたものが室内で開花した。

[PR]

by peteandfluffy | 2005-11-03 14:04 | Garden  

シャコバサボテンのつぼみ

c0016987_1885753.jpg

















年はさっぱりだったが、今年はたくさんの蕾をつけてくれた。
これだけつぼみがついても、とてもデリケートなので原因不明の落蕾が起こる。
そして咲くのはわずか一個とか二個だったのだ。
でも、今年のつぼみは勢いがある。生命力がみなぎっている。
鉢替えをし、せっせと液肥をやって、愛情たっぷりで育てたつもりだ。
全部、とはいかなくても、7割、6割、5割、
いや、3割でもいいから咲いておくれ
c0016987_18121439.jpg
ところで、どうしてうちにシャコバサボテンがあるのか、わからない。
鉢を買った記憶がない。母が買ったのだろうか??
誰かにもらったのだろうか?
その辺りの記憶は真っ白だ。
自分じゃ買わないと思うんだよね。そんなに好きな花でもないし。
買ったとしたらきっとオレンジ色系統を選んだと思うし。

わからない...
[PR]

by peteandfluffy | 2005-11-02 18:13 | Garden  

高枝切り

予報では今日はぐずぐずした天気だったはずが、
雨は私が寝ている間にさあっとひと降りしていったらしい。
路面が濡れているのに空は明るく、空気もなんだかぬくい。
もう10月末なのに、どうなっちゃっているのだろう。やっぱり地球温暖化?
チューリップや水仙の発芽を真剣に心配しなくちゃならないのかしら??

というわけで、本日の園芸作業は伸びすぎた木の枝を切り落とすことになった。
サクランボが2本と、カエデが一本。
もう私の手には負えないくらい成長しちゃって、せいぜい細めの伸び過ぎた枝をカットしてやることくらいしかできないのだけど、
高枝切りはさみですぱすぱ切っていった。

切り落とした枝は園芸はさみでさらに小さくカットしていって、
燃えるゴミの日に出す。
これがなかなかやっかいな作業なのだ。
なんだかんだとけっきょく一日がかり。

で、疲れてぐったりして家の中に入ると、
赤々と燃えるストーブの前で.....
c0016987_17235670.jpg


私はネコになりたい....
[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-29 17:24 | Garden  

mary gold&violla

冬ごもりの支度に入る季節だというのに、
まだまだ元気に咲いている花もある。
マリーゴールドは夏の花、ビオラは春の花、
というイメージだけれど、うちのは衰える気配がない。
まもなく降る雪にさらされるのかと思うとかわいそうなくらいだ。
あとわずかの期間しかないけれど、
精一杯咲き続けておくれ。
c0016987_1951546.jpg
c0016987_1952735.jpg

[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-28 19:06 | Garden  

tulipと水仙の球根を植える

c0016987_1745267.jpg

c0016987_1752163.jpg今日やらなければ後はない。
老体にむち打って一気にチューリップと水仙を植え込んだ。

地植えにする前にコスモスは抜いた。
ピークは過ぎているし、病気にもかかっているので、思い切ってみた。
抜いた株はいいところだけ残して花瓶に生けてあげることにした。

そのあと、土を起こした。
ほんとは肥料をすきこんであげなくちゃならないのだけれど、そんな時間はないのでそのまま植えることにした。
土を起こしてから穴を掘る。

そんな合間に周囲を掃除したり、
クレマティスを剪定したり、
トレリスの類を引き揚げたりと、なんだか重労働になってしまった。
そして、植える球根は8種類....疲れました。

水仙も一種類植えた。
かわいらしい花を咲かせてくれるだろう。
これで来春は、少しは華やかになってくれるだろうと、ささやかな期待を込めて..

追伸:
なんと、あしたは今日より気温が高い19度の予想。
風や日差しでどう感じるかはわからないけれど、
それを早くいってくれれば、こんなにはっちゃきになって農作業しなくても良かったのに...

それにしても、
こんな調子ではチューリップや水仙が芽を出しちゃったらどうするんだ、と、
しょうもない心配をしている。
[PR]

by peteandfluffy | 2005-10-27 17:14 | Garden