<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

奇妙な人々

一昨日だったか、一通の手紙が届きました。
卒業した学校からのものでした。
毎年この時期、同窓会定期総会の案内がくるのです。
でも、今回はちょっと違っていました。

More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-26 23:01 | 雑記  

さくらクッキーを焼いてみた

c0016987_20343753.jpg

あちこちのブログで拝見するおいしそうなスイーツ、クッキー。
よだれ垂らすばかりでなくて、
たまには自分で作ってみることにしました。
春にあやかって"桜クッキー"。
といっても、形が桜だっていうだけで何の捻りもないのですが....

More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-24 20:33 | Foods  

心配なニュース

何げにニュースを見ていたら
「ペットフードをリコール、死亡例10件と 米国」という
聞き捨てならない見出し
を発見した。

内容は次の通りだった。
カナダのペットフード大手メニュー・フーズは17日、北米向けに昨年12月3日から今年3月6日までに出荷した、イヌやネコ向けのペットフードをリコールすると発表した。米国で、同社のペットフードを食べたイヌやネコの腎不全が相次いで報告され、約10頭が死亡したためとしている。
リコール対象となっているのは、49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードで、米小売り大手ウォルマートなどのブランド名で発売されている6000万個に達する。リコール対象の製品にはすべて、新しい供給元から購入した小麦グルテンが含まれているという。・・・中略・・・
リコール対象製品の一覧は、メニュー・フーズ・インカム・ファンドのサイトで確認できる。


More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-18 19:12 | Cats  

ぼちぼち準備に取りかからねば


c0016987_18393482.jpg春の気配が一気に吹き飛び奈落の底に突き落とされたような大荒れ吹雪の今日。今朝方には雷のもの凄い爆音が。どうやらかなり近所に墜ちたようだ。

というわけで、ぼちぼちと引越準備に取りかかっている。
転勤が多い青春時代を過ごしたので、引っ越しがどんなものか、だいたいはわかっているつもりだが、行き先が海外となると予想のつかないことが多い。できることから始めておくことにした。


まずは不要品の処分。これが結構大事業。
不要になった巨大本棚や持ってるだけで税金がかかるクルマ、車庫に眠る数々のがらくた。なぜかドラム缶まである。処分するのにお金かかるのよ、これ (涙
何とかこういう厄介者を片づけて、
使う頻度が少ないものからパッキングしていくことにした。

ところで、これだけは絶対持っていきたい物、

マ〜イ・チョイス♪..........More
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-13 18:32 | 雑記  

のんちゃん太り始める

のんちゃん情報が入りました。

なんとのんちゃん、太り始めた というのです。
自分の分のエサだけでは飽きたらず、ふわちゃんの分を横取り、
果ては金魚のエサまでばくばくと食べているそうです。

のんちゃん、ほどほどにしてくださいね。
再会したとき、こんな姿になっていたらいやですよ〜もぉ〜...
c0016987_181116100.gif

[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-08 18:11 | Cats  

お気に入りの居酒屋

先日の記事は、素面で見れば見るほど恥ずかしくなってきたので、
何と「非公開」設定にしました。どうぞご了承下さいっ(=^◇^=;)

酒つながりというわけではないのですが、
居酒屋をテーマにしてみようと思い立ちました。
愛知県に住むお友達の旦那様が、会社のツアーで札幌に来ることになり、どこかおいしくていい雰囲気の店はないかなぁ、と尋ねてきたことから、「酒庵 五醍」と「あぶらびれ」を紹介してみたのです。

どちらも、いまではすっかりなくなってしまったむかしながらの炉端居酒屋で、長くやっている店です。まぁ三十年は固いでしょう。ほっけやニシンの開き、きんき汁や焼きカレイなど、北海道ならではの旬の味を静かに、じっくりと味わえるところです。観光情報としてもあまり宣伝されていないので、知るヒトぞ知る、という感じでしょうか。
尋ねられてしばらくぶりに思い出したのです。

「五醍」のお店の雰囲気はこんな感じです。
c0016987_2045515.jpg


かつては私も上司や先輩に連れられて、こんなお店で一杯やりながらばか話に花を咲かせたものでした。(仕事の話なし!) すすきのはすっかり様変わりして、こういう昭和の面影を残すお店はどんどんなくなり、またしなくても良い改装などして、寂しい限りです。最先端の雰囲気のお店とこういうお店が両立できているのが一番いいのですけれどね。

「あぶらびれ」はカウンターと座敷のお店で、座敷のふすまに北海道出身の作家・高橋揆一郎さんが、おそらくは酔った勢いで楽しく描いただろう戯画があります。「ひれ酒」を締めの一杯にあおってちどり足で店を出るのがパターンになっていました。

炉端居酒屋、帯広にも一軒発見しました。
それも10年は昔のことなのですが、
店名忘れました。
先の二軒は、値段が決して安いとは言えないので自腹で行ったことはないのですが、ここは正真正銘、安くて庶民的なお店でした。
今もあるといいなぁ....

なんだかまた行きたくなりました。
[PR]

by peteandfluffy | 2007-03-05 20:50 | 酒もの